スキルアップ

【Peribursal fatとは】肩関節の評価で知っておきたいポイント

【ブログ管理人】理学療法士のイマリ(@imari_yy)です。

 

肩関節の運動器エコーで【Peribursal fat】と呼ばれる所見についてまとめました。

 

Peribursal fatとは

 

肩峰下滑液包の天井側に存在する脂肪層のことです。

 

腱板表層の輪郭を縁取るため、超音波画像上は上方凸の高エコー像を示します。

 

腱板断裂がある部位では、腱板欠損部に一致して輪郭線が陥凹します。

 

peribursal fatの陥凹象が認められた場合に、腱板が断裂している確率は(陽性的中率)100%

 

Peribursal fatの平坦化

 

 

Peribursal fatの陥凹像は、滑液包面不全断裂を含む断裂サイズが1cm以下の小断裂に特徴的な所見です。

逆に、断裂が拡大し近位側へ引き込まれていくとPeribursal fatの形状が徐々に平坦化して、断裂サイズが大きくなるとPeribursal fatと骨頭が接し、腱板の欠損像を呈します。

 

Peribursal fatの平坦化が認められた場合の腱板断裂陽性的中率は100%

 

Peribursal fatと腱板内の低エコー像

 

腱板断裂例で水腫の量が多い場合、滑液包が膨らみPeribursal fatの形状が上方凸となるため、要チェックです。

一方、腱板欠損部に充満した水腫によって腱板断裂部は低エコー像として描出されます。

 

※腱板付着部は異方性の影響で低エコー像を示すことがあるため断裂と勘違いしないように注意

  • この記事を書いた人

イマリ

【資格】脳卒中認定理学療法士/運動器認定理学療法士/中級障がい者スポーツ指導員/ 【経歴】総合病院▶︎回復期病院▶︎訪問看護ステーション▶︎訪問看護ステーション▶︎整形外科クリニック/合計4度の転職経験/

-スキルアップ