理学療法士の本音

理学療法士と作業療法士の違いを解説

 

【ブログ管理人】理学療法士のイマリ(@imari_yy)です。

 

 

今回は【作業療法士について】紹介です。

理学療法士と作業療法士の違いってよくわからないという人は多いです。

 

一応、専門分野とか役割に違いはあります。

その辺りを掘り下げて説明していきます。

 

 

作業療法士とは

 

【作業療法士】

いまだに聞き慣れない言葉かもしれません。

 

作業療法を行う人=【作業療法士】

 

まずはじめに、簡単に説明します。

 

あくまでも一例としてですが、

 

あなたが、普段おこなっている【着替え】や【家事】、はたまた【趣味】が病気やケガでできなくなったら困りますよね?

それこそ、生きる意味・楽しみがなくなるに等しいかもしれません。

そういった状況に対して、【作業療法】という治療や援助、指導をおこないそれらを克服する手助けをする人、といったイメージです。

 

より具体的に知りたければ下記のパンフレットを見るとわかりやすいと思います。

参考

作業療法士のパンフレット

 

少しむずかしいですが、より詳しく理解したければこちらです。

少し難しい言葉も含んでいますが、【作業療法】とは下記のように説明されています。

 

作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助である。作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す。

(註釈)
・作業療法は「人は作業を通して健康や幸福になる」という基本理念と学術的根拠に基づいて行われる。
・作業療法の対象となる人々とは、身体、精神、発達、高齢期の障害や、環境への不適応により、日々の作業に困難が生じている、またはそれが予測される人や集団を指す。
・作業には、日常生活活動、家事、仕事、趣味、遊び、対人交流、休養など、人が営む生活行為と、それを行うのに必要な心身の活動が含まれる。
・作業には、人々ができるようになりたいこと、できる必要があること、できることが期待されていることなど、個別的な目的や価値が含まれる。
・作業に焦点を当てた実践には、心身機能の回復、維持、あるいは低下を予防する手段としての作業の利用と、その作業自体を練習し、できるようにしていくという目的としての作業の利用、およびこれらを達成するための環境への働きかけが含まれる。

 

引用 日本作業療法士協会


 

特徴としては、作業療法士は【手・指の障害】や【こころ(精神)の病気】により詳しい知識を持っている人が多いです。

 

たとえば

手のマヒによって指先が思うように使えなくなった人に対してスプーンや箸を使った食事の練習などは理学療法士よりも優れた知識を持っています。

 

 

有資格者

 

2020年3月末時点で【作業療法士】の有資格者は約94,000人程度。

対する【理学療法士】の有資格者は約180,000人程度と差はれきぜんとしています。

 

また、毎年の国家試験合格者数でも差がはっきりしています。

【作業療法士】約5,000人程度

【理学療法士】約10,000人程度

 

理学療法士と作業療法士の違い

 

ここからはそれぞれの違いについて説明します。

 

 

学校

理学療法士と作業療法士で学校の諸経費や年数などに大きな違いはありません。

基礎分野である【解剖学】・【運動学】・【生理学】など共通している科目も多いです。

 

2年次以降でそれぞれの専門知識にみがきをかける、というイメージでおおむね問題ありません。

 

働く場所

作業療法士 一般病院 リハビリテーション病院 老人保健施設
児童養護施設 障害者福祉施設 精神科病院

 

理学療法士 一般病院 リハビリテーション病院 老人保健施設
スポーツ関連施設など

 

大きな特徴としては、【障害者福祉施設】や【精神科病院】といった施設で活躍する資格であること。

 

「作業療法士とは」の章でお話ししたとおり、作業療法士のより特徴的な強みは【こころ】の病気や【福祉】に詳しいこと。

 

理学療法士
理学療法士はそこまで【精神】の知識などに詳しくないので、作業療法士を頼ることも多いです。

 

給料

給料は、正直な話し理学療法士と変わりないです。

一般病院なんかだと他の医療スタッフ(看護師など)でも、【理学療法士と作業療法士ってどう違うの?】って言われるくらいほぼ同じにみられています。

 

実際、仕事内容的には素人から見ればほぼ似たようなことをやってたりすることもあるのでしょうがないのですが・・・

 

保険制度の仕組みも理学療法士だから・作業療法士だからといって違いはないですし、給料も変わりませんね。

 

得意分野

 

何度も書いていますので、ここでは簡潔にまとめます。

資格別に、①役割/②強みです。

作業療法士

①役割

日常生活のなかで何気なくおこなっている着替えや入浴、家事などに必要な応用的な動きの改善

②強み

【こどもの発達】・【こころ(精神)】・【障害者福祉】・【手・指の障害の治療】など

 

理学療法士

①役割

寝返りや立ち上がり、歩きといった人間の基本的な動きの改善

②強み

【スポーツの障害】・【足の治療】など

 

 

需要

あくまでも【一般病院・リハビリテーション病院】を中心とした現場での需要ですが、

 

理学療法士 < 作業療法士  と、いえます。

 

理学療法士
作業療法士の人員を確保するために、【入社祝い金】を出している施設もあるくらいです。

 

先に述べましたが、現実問題として理学療法士の方が圧倒的に有資格者が多いこと、国家試験合格者数が多いこと。

 

これらの理由から、リハビリテーション業界では作業療法士の人員不足が起こっていることはたしかです。

 

これからリハビリテーション業界に飛び込みたいと考えているあなたは、よほどスポーツ分野に行きたいとか希望がなければ【作業療法士】を検討してもよいかもしれません。

 

これまで話したような【強み】と【役割】をよく確認してからどちらを選ぶか考えましょう。

 

 

まとめ

それぞれの資格で対象とする【ひと】が多少なりとも違います。

 

子供の発達やこころの病気、障がいをもった人の就労支援などを専門にしたいと思っているなら、作業療法士を目指しましょう。

 

作業療法士 一般病院 リハビリテーション病院 老人保健施設
児童養護施設 障害者福祉施設 精神科病院

 

理学療法士 一般病院 リハビリテーション病院 老人保健施設
スポーツ関連施設など

 

作業療法士よりも理学療法士に向いているのは、スポーツ関連のリハビリテーションです。

 

他の分野に関して言うと、どちらも必要不可欠な資格。

 

ピラミッドでいう、土台の部分をしっかり作り上げるのが理学療法士です。

 

何事もそうですが、基礎の部分(ピラミッドの土台)がしっかりしていないと、上手くいかないですよね。

 

こういった役割があることも知っておくと自分の進路を決める良い情報になるはずです。

 

どちらの方が自分に合っているか、よ〜く考えて仕事選びの参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人

イマリ

【資格】脳卒中認定理学療法士/運動器認定理学療法士/中級障がい者スポーツ指導員/ 【経歴】総合病院▶︎回復期病院▶︎訪問看護ステーション▶︎訪問看護ステーション▶︎整形外科クリニック/合計4度の転職経験/

-理学療法士の本音